FC2ブログ

  ↓気になるワードを検索↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容院脳卒中症候群

美容院で洗髪中などに、頭痛や手足のしびれといった脳血管障害の症状を引き起こす病気です。

海外ではスタンダール症候群と呼ばれます。

発症の詳しいメカニズムは解明されていませんが、
頭上を見上げたり首をそらした時に
首(頸部)の動脈が圧迫される事が原因と考えられています。

これにより血流が妨げられる、
あるいは動脈硬化が進んでいれば血管が損傷するといった事態を招くことで
脳血管障害が引き起こされると推測されます。

家で天井の蛍光灯を取り替えるなど、
わりと長く上を向く事になりそうな作業をする時は
ときどき下方をむいたり、といった具合に気を使うといいかもしれませんね<(^ー^ι)
スポンサーサイト

骨粗しょう症

テレビや雑誌でよく目にする、骨がもろくなる病気です。

骨にはたくさんのカルシウムが含まれていますが(骨重量のおよそ50%!)、
その量は年齢とともに減少すると言われています。

その結果、骨の構造が壊れもろくなる。
この状態が骨粗しょう症です。

特に女性の場合、
閉経後はホルモンバランスが大きく変化する影響で
骨量が急激に減るため、
骨粗しょう症になりやすいと言われています。

臨床的にも男性に比べてかかる人が多いそうです。

こういった身体的な背景がある以上、
閉経後の方は積極的にカルシウムを摂っていきたいですね(´△`;)

あと適度な運動も忘れずに。

ある程度の付加がないと、
骨はもろくなるので栄養と取るとともに
運動で骨を鍛える事も大切です。

脳卒中

脳の血管に閉塞や破烈がおこり、意識を失ったり、手足の麻痺や言語障害を起こす病気を指します。

つまり脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血など、脳の血管に支障をきたすいろいろな病気の総称です。


脳卒中は大きく2つに大別できます。

1つは脳血管が破れて出血する「頭蓋内出血」。

別名「脳溢血」ともいい、
出血の場所により「脳出血」、「クモ膜下出血」に分類できます。


もう1つは血管が詰まる「脳梗塞」。

これは心臓などにできた血栓が脳に流れて詰まる「脳塞栓」と、
脳の血管に血栓ができて詰まる「脳血栓」に分けられます。

白内障

別名「白そこひ」。

眼の水晶体は無色透明のタンパク質でできているのですが、
白内障はそのタンパク質が白く濁ってしまう病気です。

この病気になると外部から目に入る光が遮られてしまい
視力が低下したり、
光が乱反射するのでまぶしさを感じるようになります。

治療法としては点眼薬や内服薬で進行を遅らせる、
または手術で水晶体を人口水晶体に置換する、といった処置が行われます。

緑内障

別名「青そこひ」。

その名の通り、瞳孔が緑色に見える眼の病気です。

眼は房水という液体によって、適度な圧力がかかる事で眼球の硬さや形を保っています。
房水は毛様体でつくられ、余分な房水は角膜の隅にある隅角という穴から流れていきます。

が、
緑内障は隅角が詰まったり
虹彩で隅角の入口が塞がれたりして
房水が排出されずに眼圧が異常に高くなる病気です。

これにより視神経が圧迫されて痛みや、視力低下、視野狭窄などの障害が引き起こされます。

治療には降圧剤を使ったり
外科手術で房水の排出口を確保する処置が取られます。

一度視野が失われると、手術をしても戻らないそうなので
早期発見・早期治療が大切な病気です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。