FC2ブログ

  ↓気になるワードを検索↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4 ~ 1 級問題⑤ 工事中…

薬品の基本
1. 


2. 


3. 


4. 


5. 


6. 


7. 


8. 


9. 


10. 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

「キレイ母めざすぞ!~おトクにアンチエイジング~」

「キレイ母めざすぞ!~おトクにアンチエイジング~」

ブログのご紹介です(*´﹃`*)

現在工事中です。。。

高級ホテル御用達の【大印ブランド タラバガニ】

厳選タラバでこの冬を乗り切りましょう!

年末・年始に大切な人とほっこりした時間をお過ごしあれ。
(〃´ x ` 〃)



情報処理技術の社 ~ 午前問題克服の間 ~

情報処理技術の社 ~ 午前問題克服の間 ~

-☆ IT・情報処理 ☆-
基本・応用情報技術者試験の午前問題(+解説)を掲載します。
メジャーな問題サイトが混み合う時期などにご活用ください。

問題は各年度春期・秋期各時期のものを1ページあたり10問ずつ掲載しています。
通勤・通学などちょっとした空き時間にご利用いただけたらと思います。

情報処理技術の社 ~ 午前問題克服の間 ~



4 ~ 1 級問題④

薬品の基本
1. 
パンテチンは

2. 
塩酸ブロムヘキシンは

3. 
合成ケイ酸アルミニウムは

4. 
グルクロン酸アミドは

5. 
塩酸ヒドロキソコバラミンは

6. 
カフェインは

7. 
ゲファルナートは

8. 
塩酸ナファゾリンは

9. 
アミノフィリンは

10. 
塩酸チアミンは



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

4~1 級問題③

薬品の基本
1. 
次硝酸ビスマスは

2. 
塩酸ピレンゼピンは

3. 
センノシドは

4. 
ユビデカレノンは

5. 
リン酸コデインは

6. 
ロイシンは

7. 
ビサコジルは

8. 
アルジオキサは

9. 
塩酸メチルエフェドリンは

10. 
硝酸ミコナゾールは



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

1 級問題①

糖尿病治療薬(スルホニル尿素系)の血糖降下作用を 増強 する一部薬物
Ⅰ.
・アスピリンなどの
  ・プロベネシド(痛風治療薬)
  ・プロプラノロールなどの
  ・クロラムフェニコール(抗生物質)
  ・テトラサイクリン系抗生物質
  ・ワルファリンなどの
  ・セレギリンなどのモノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤=()
  ・フィブラート系薬剤(抗高脂血症薬)
  ・蛋白同化ホルモン剤
  ・グアネチジン(高血圧症治療薬)
  ・ミコナゾールなどのアゾール系抗真菌剤
   ■ 血糖降下作用の増強
        ┗☛ ・を招く恐れがある。

糖尿病治療薬(スルホニル尿素系)の血糖降下作用を 減弱 する一部薬物
Ⅱ. ・
  ・卵胞ホルモン剤
  ・
  ・
  ・ニコチン酸
  ・イソニアジド(抗結核薬)
  ・フェノチアジン系薬剤(向精神薬)
  ・インドメタシン()
  ・フェニトイン(抗てんかん薬)
   ■ 血糖降下作用の減弱
        ┗☛ の状態が続き、糖尿病の合併症を招く恐れがある。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2 ~ 1 級問題①

局所麻酔と血管収縮薬の併用
Ⅰ.
局所麻酔は、の増強、作用時間の持続を目的として、などの血管収縮薬と併用されます。

  しかし、の上昇が起こるので、高血圧や糖尿病のある人にはは併用されない。


ブロムワレリル尿素
Ⅱ. ブロムワレリル尿素は、即効性に優れたとをもつ薬剤である。

  服用すると、が遊離され、これが脳に作用する事によって催眠作用を示すと言われています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

3 ~ 1 級問題①

大豆ペプチド
Ⅰ.
大豆ペプチドは、肉体の・脳機能の向上・ストレス軽減に効果があると高く評価されています。
また、大豆ペプチドはを増やし、の燃焼を促進っさせるので、ダイエットにも最適の素材と言われいます。


コラーゲン
Ⅱ. 
身体の構成は、水分を除いた部分の半分がで作られている。
その内の約がコラーゲンである。
皮膚に多く、でも2~3割がコラーゲンで形成されている。
美肌や丈夫な骨を保つためには不可欠な物質と言われ、の摂取によってこれを作り出すが活性化すると言われている。


レスベラトロール
Ⅲ. 
レスベラトロールは1997年、ハーバード大のフランク・フー博士の論文で「ピーナッツの渋皮に多く含まれるポリフェノールの一種で強いを持ち、血液中のを退治して血液をサラサラにするなど、生活習慣病の予防や心臓病の予防改善に効果を発揮する」と発表している。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

問題集へのリンク

■ 実力養成 4~1級範囲
   ┣ 4~1級問題①
   ┣ 4~1級問題②
   ┣ 4~1級問題③
   ┗ 4~1級問題④

■ 実力養成 3~1級範囲
   ┗ 3~1級問題①

■ 実力養成 2~1級範囲
   ┗ 2~1級問題①

■ 実力養成 1級範囲
   ┗ 1級問題①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。