↓気になるワードを検索↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩素

ナトリウムとともに食塩を構成するミネラルです。

血液中の血しょうや細胞間液に存在し、
pH調整や細胞の浸透圧調整を行います。

また、胃の中で消化酵素を活性化させて
食物の殺菌や消化を助けます。

他には膵臓からのすい液の分泌を促進し消化を助ける機能も持ちます。


一日の所要量は特に策定されていません。

基本的に食塩のかたちで食事で取り入れる事になるため、
食塩として一日10g未満という推奨摂取量が公開されています。

塩素は主に食塩に含まれるため、ナトリウム同様、
普段の食生活で不足する事はありませんが、
不足すると胃液減少、消化不良、食欲不振、血圧異常がおきます。

逆に(発汗や腎臓で処理・排泄されるので過剰症の心配はあまりありませんが)
摂り過ぎた場合の過剰症としては腸内細菌の繁殖が悪くなると言われています。

なるべく食塩の摂取目安量を考えて摂り入れるようにしたい栄養素ですね。

ちなみに、塩素を多く含む食品は梅干やしょうゆ、みそなどです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。