↓気になるワードを検索↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬 - 副作用について -

中国の伝統医学が日本へ伝わり、
独自に発展した漢方医学に基づいて処方された薬です。

風邪薬として有名な葛根湯など
自然の植物を材料にしているので
からだにやさしい、副作用がないといったイメージが先行しがちです。

でも実際は、 副作用がまったくないことはありません。

漢方薬による副作用としては
例えば甘草(かんぞう)、附子(ぶし)、地黄(じおう)、大黄(だいおう)などの成分を含むものだと、
下痢、めまい、食欲不振、腹痛といった症状をおこす事もあります。


副作用には薬自体が原因になるものと
使い方を誤っておこるものがありますが
基本的には正しく使えば大事にいたる事はありません。

漢方薬なら副作用がないと
自分勝手な判断でテキトーな使い方はせず、
用法や容量を確かめたうえで正しく服用しましょう(*´О`*)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。