FC2ブログ

  ↓気になるワードを検索↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合わせ飲みの危険性

気温の変化が大きい季節の変わり目は
体調を崩すひとが多いですよね。

自分も毎年5、6月頃に体調を崩します。。。

ですが新生活が始まって間もないこの季節、
うかうか寝てなんていられないと
風邪薬と一緒にドリンク剤やビタミン剤を一気に飲むひとが少なからずいると思います。

そうした人に理由を聞くと
たいてい「治りが早くてすぐに元気になる」と言われます。

皆様の周りでもお覚えのある方がいるかもしれません。


しかし!!Σ( ̄▽ ̄ι)

それは早く治ったわけでない可能性もあるんです。


これらの薬には
無水カフェインなどの中枢神経興奮剤がだいたい入っています。

例えば 無水カフェインは
総合感冒薬のパイロンには9錠中150mg、
栄養剤のキューピーコーワゴールド2錠には50mg、
ドリンク剤のユンケル皇帝液にも50mg、
比較対象例としてコーヒー1杯には60mg
含まれています。

つまり、
「早く風邪が治って元気になる」と
言いますが、実は治ったから元気になったのではなく
興奮剤によって元気になったと
錯覚している可能性があるわけです。∑(゚д゚、)


カフェインは摂りすぎると
頭痛やイライラ、
不整脈などの急性中毒症状を発症する事もあり、
重症になると
痙攣をおこして救急車に運ばれる事もありうると言われている成分です。

無水カフェインに限らず
薬を合わせて飲むとどんな想定外の反応が
体の中で起きているか分かったものではありませんから、
市販薬だし、と気軽にがぶ飲みするのは控えましょうね。
(。`・∀・。)ノ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。